マンションの住み替えの手順・流れ・方法を徹底説明

マンションの住み替えの手順・流れ・コツを徹底説明

マンションの住み替えをおこなう手順としては、大きく2つに分けられます。

  • 売ってから買う
  • 買ってから売る

旧居を先に売ってから新居を買う手順を「売り先行」、反対に新居を先に買ってから旧居を売る手順を「買い先行」といいます。

どちらの手順で進めても問題ないのですが、一般的には「売り先行」を選択する人が多いようです。

その理由は、「売り先行」のほうが資金計画を立てやすいからです。

先に旧居を売ることによって資金が得られるので、新居を購入するための計画を立てやすくなるということなんですね。

旧居を売る前に家を買おうとした場合、それなりに資金に余裕がないと厳しいと言えるでしょう。

資金に余裕がないなら「売り先行」で進めるべし!

では、実際に「売り先行」と「買い先行」の流れを比較しながら説明していきますね。

まずはこの図をごらんください。

右側が「買い先行」で進めた場合の流れですが、ごらんの通りまずいきなり資金が必要になります。

新居のローンを組むための頭金や保証料、火災保険料などで数百万は用意しておかなければいけません。

一方、左側の「売り先行」の手順で進めると、まず旧居の売却活動に専念することになります。そして旧居の売却の目処が立ってから、新居探しに移ることになります。

売却の目処が立つ頃には、およその売却価格や手元に残るお金の額の予想をすることができるようになります。

そこから新居購入の資金計画を立てることができるわけですね。

まず売ってから、買う。資金に余裕がない人はこの「売り先行」の手順で進めるべきなのです。

「売り先行」なら二重ローンになる心配がない

他にも「売り先行」のメリットとして、「二重ローンを回避できる」というものがあります。

「買い先行」で進めた場合、旧居のローンの完済を待たずに新居のローンを組むことになります。

つまり旧居のローンと新居のローンがかぶってしまう時期が発生するんですね。この状態を「二重ローン」といいます。

二重ローンになってしまうと、月々の返済の負担が大きくなってしまいますし、この状態から抜け出すために「急いで家を売らなければ」と焦ってしまいがちになります。

焦って売却した結果、妥協して安く買い叩かれるなどの事態になりかねません。

ですが「売り先行」の場合は、まず旧居のローンをきっちりと完済したあとで新居のローンを組むことになるので、二重ローンになることがありません。

ちなみに旧居のローンを返済ずみであれば、「買い先行」で進めてももちろん二重ローンになることはありません。

「売り先行」のデメリット

これまで見てきたように、「売り先行」のメリットとして

  • 資金計画を立てやすい
  • 二重ローンを回避できる

ということがおわかりになったのではないでしょうか。まさにお金がない人にはうってつけの手順ですね。

ところが、この「売り先行」にもデメリットがあります。

  • 仮住まいをしなければいけない可能性がある
  • 空き家での内覧ができない

順番に見ていきましょう。

仮住まいをしなければいけない可能性がある

「売り先行」で進めた場合、家を売るわけですから退去しなければいけません。

新居をまだ買っていないので、引っ越しすることもできません。

ではどうするのかというと、一時的に賃貸マンションなどを借りて「仮住まい」をすることが一般的です。

そして、仮住まいをしながら新居を探し、見つかれば引っ越しをすることになります。

この場合、「旧居→仮住まい」「仮住まい→新居」というふうに引っ越しを2回おこなうことになります。面倒だしお金もかかってしまいますね。

また、新居が見つかるまでの期間が長引くと、それだけ仮住まいの賃料がかさむので無駄な出費にもなるでしょう。

しかし賃料を気にしないのであれば、じっくりと新居探しに取り組むことができるとも言えますね。

空き家での内覧ができない

「売り先行」のもうひとつのデメリットとして「空き家での内覧ができない」ということが挙げられます。

「内覧」というのは購入希望者が実際に家を見学しに来る、売却活動の中でも重要なイベントです。内覧次第で売れるかどうかが決まるといっても過言ではありません。

「売り先行」で進めた場合の内覧は、購入希望者に対して「住んでいる状態の家」を見せることになります。

「買い先行」であれば先に新居を買って移り住んだあとに内覧をおこなうことになるので、「空き家」の状態を購入希望者に見せることができるんですね。

一般的には、内覧は空き家の状態でおこなったほうが購入希望者に喜ばれますし、購入してくれる確率も高くなると言われています。

ですが、「空き家ではなく家具や家電などが置かれた状態の部屋を見たい」という購入希望者がいることもたしかなので、一概には言い切れないんです。

このあたりは相手との相性次第といったところでしょうか。

(ターゲットサイトになったら)
売却の手順と購入の手順に分けて説明
同一記事内?別記事?

突発的にご近所の不動産会社に向かうのは…。

様々に手を打つのは言うまでも無いことですが、運にも影響を及ぼされますから、6か月前後も待たないで次の
手を考えるのもマンション売却のワザだと言えます。
家を売却した時点で、諸費用が必要になることをご存じない方も多いと思います。殊更高すぎると思っているの
が、不動産業者に払う仲介手数料で、売れた金額のレンジにもよりますが、その金額の3%以上となります。
実際に不動産売買を行なう時は、「頼んだ不動産業者は任せられるのか?」はたまた「きちんと動きを取っても
らえるのか?」等の課題も考えておきたいものです。
不動産買取に関しては、「少々値が下がってもいいので、できるだけ早く売ってしまいたいという人用のサービ
スだ」というような感じがするのは私だけでしょうか?しかしながら、ちょっとでも高い価格で売りたいという
のは、売主ならだれもが思うことです。
現実に複数の不動産専門業者を探し出して連絡を取って、条件を伝えてマンション査定額を提示してもらうこと
は、結構ハードルが高いです。費用対効果を求めるなら、Webの利用が必須でしょうね。

「不動産買取」だったら、宣伝などにお金を掛ける購入希望者探しをする必要がありません。はたまた、買い取
りを検討している人の内覧も全く不要になりますし、不得意な価格交渉を行う必要もありません。
「マンション買取を急いているということは、緊急にキャッシュを手にしたい状況に陥っているはずだ」と弱み
に付け入り、買取金額を低く見積もる不動産会社も少数ではありません。
ひょっとして自宅を買い替えるために、不動産売却を検討中なら、売却して受け取る現金がローン残債未満にな
ると想定した状態で、新たな家を建設するための資金対策を行なうことが求められます。
「不動産買取」というのは、買いたいという人を見つけ出すまで我慢するというわけではなく、不動産関連会社
が間を置かずに、売却を望んでいる人から買い取ってしまう手法ですから、売れるまでに無駄な時間が必要あり
ません。
土地無料査定をして出された査定額といいますのは、どちらにしろ市場の相場から算定された査定数値であり、
現実に売却をする際には、それより安い価格になることは少なくないそうです。

手順としては、4〜5社くらいの不動産業者に家の査定を委託することから始めて、その査定してもらった結果
により「売却金額をいくらに設定するか?」などの結論を出すという流れになるのです。
不動産業者は、各々が実績のある物件や十八番としている地域があるのです。そういう背景から、会社1社ごと
に家の査定をお願いするようでは、話しになりません。
不動産専門業者が差し出したマンション売却額は、実際のところは相場の数字というものであって、何があって
もその金額で買う人が出てくるとは言い切れないということをご了承ください。
このウェブページには、不動産を売ってしまおうかと心が揺れていて、『不動産一括査定』サービスも行なって
みたいという方に向けて、大切な情報をご提示しています。
突発的にご近所の不動産会社に向かうのは、止めるべきだと思われます。悔いを残さないためには、しかるべき
マンション売却の裏ワザが存在するものなんです。

不動産一括査定サイトと言われているのは…。

売主からすれば、自分のペースで進めていけるし、とやかく言われずに査定依頼ができるということでしょうが
、身元を伏せての不動産査定となりますと、色々と問題が想定されると思います。
何を差し置いても自覚しておいてほしいのは、マンション内覧会の際、オーナー側の動き方もマンション売却が
できるかどうかに影響を与える主だったポイントであるということです。
マンション買取一括査定の取りまとめをしている「イエイ」に任せれば、日本全国に名を馳せるマンション買取
会社から、地域密着のマンション買取会社まで、殆どの業者さんに査定を申し込むことが可能ですから、非常に
利用価値があります。
土地を売却しようとした時に特に気になるのは、売却価格がどの程度になるのか?だと思われます。そういう人
は、不動産一括査定サイトで、楽に査定を申請すると答えが出ると思います。
マンション買取価格に納得できないときに、そのままにしないで、ちょっとでも高値を出してもらうためにも、
マンション買取一括査定を行なうべきではないでしょうか。イエイ 評判

マンション無料査定というのは、本当のところ信用可能なのでしょうか?と申しますのも、不動産会社はどんな
ことがあっても仲介しかしないわけで、資金を捻出するわけじゃないからです。
「家を売却しようと決めたけど、具体的にいくらで売れるだろう?」と悩んだときは、業者に家の査定をお願い
するのも良いでしょうけど、その前に単独でも評価できると最高なんですけどね。
不動産査定と称されているのは、マンションなどの不動産を売りたい時に、何円で売却することが可能なのかを
算定することですが、査定した業者自体が直に買い取りをするわけではないのです。
長らく同一のマンション売却の募集をかけている状況だと、「このマンション物件は誰一人興味を示さない物件
だと思われる!」と勘違いされても仕方がありません。そのような状態になる以前に購入してもらえるように策
を打つことも大切です。
不動産専門会社が導き出したマンション売却額は、現実的には相場の金額というもので、どんなことがあっても
その金額で手放せるとは断言できないということをご承知おきください。

不動産買取をしてもらう場合、どの会社も大きな開きはないと想像していませんか?本当のところは全然違うの
です。不動産会社に売ることが、スピーディーに高く売るコツです。
目一杯高値で家を売却するワザは、何とかして3社以上の不動産業者に査定の申し込みを行なって、本当に会う
機会を作って、それから業者を決めることだと言えます。売却査定金額というのは、不動産業者個々で相当違う
と断言します。
当たり前ですが不動産会社につきましては、それぞれ十八番としている物件や馴染みがある地域がございます。
そういった背景から、会社一社ずつに家の査定申請をするようでは、話しになりません。
同じマンションの住人が、「私たちが済んでいるマンションは、割かし査定の価格は高いのでビックリした!」
としゃべっていたので、軽い気持ちで、マンション査定を頼んでみましたら、現実に高い査定の金額提示があり
ました。
不動産一括査定サイトと言われているのは、不動産の査定を一括で手間なく要求するサービスを展開中のウェブ
サイトになります。最近では、そういったサイトをランキングにしたサイトなども豊富に存在するみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする